ハチミツ 糖尿病

ハチミツと糖尿病について

ハチミツは糖尿病に良いと言われたり、悪いと言われたりします。

 

では実際のところはどうなのでしょうか?

 

糖尿病というのは膵臓の病気で膵臓から分泌されるインシュリンというホ
ルモンが不足してしまっていることから起きる病気です。

 

インシュリンが不足してしまうと体に取り込まれた糖分が利用されず、そし
て血液中の糖分が増加してしまい(いわゆる血糖値が上昇というやつ)尿
にまじって排出されることになります。

 

この糖尿病の一般的な治療方法というのは糖分を控えて、インスリンを補
うのが最も良く知られている治療方法です。

ハチミツと糖尿病の良し悪しと果糖

ハチミツには糖分が含まれますので、一見するとハチミツは糖尿病に悪
いともいえそうですが、実際のところはどうも少し違うようです。

 

ハチミツが糖尿病に良いとされるポイントしてはハチミツに含まれる果糖
というものがポイントになってきます。

 

この果糖は糖尿病を患っている人には良くない糖と何が違うのでしょう
か?

 

ハチミツに含まれる糖分には果糖には血糖値を一定限度に調節する自
動調節作用があります。

 

これは他の糖にはあまり見られないものだと思いますが、これがあるのとな
いのとでは糖尿病との関連では明らかに大きな違いがあります。

 

ハチミツが糖尿病に悪いとされるのは糖分が多く含まれているから、という
ことですが、その糖分が(果糖が)血糖値を一定限度に保ってくれるので
あれば、それはむしろ糖尿病には良いとさえ言えるかも知れません。

 

もちろん、実際に糖尿病を患っていて、ハチミツを取り入れてみようかどう
か迷っているのであれば、専門のお医者さんに相談してから、ということに
なりますが、ひょっとしたらハチミツは救世主になってくれるかもしれないです
ね。

スポンサードリンク

ハチミツと糖尿病関連ページ

血圧
ハチミツには血圧を下げる作用があると言われます。
胃潰瘍
ハチミツには胃潰瘍が良いといいます。改善報告等もあるようです。